京セラ

京セラ太陽光発電特長

京セラ太陽光発電

4つのモジュールの自在な組み合わせで、屋根スペースを有効活用

エコノルーツ アドバンスなら、従来の太陽電池モジュールでは活用できなかったわずかな屋根スペースも有効に活用することができるので、より多くの発電が可能となります。

京セラの太陽光発電は屋根スペースを有効活用できる太陽電池

※太陽電池容量は、太陽光発電の国の補助金制度の交付額算定基準(小数点2桁未満は切り捨て)に合わせた数値で記載しています。よって、搭載容量の比較はおおよその数値となります。

屋根との調和を実現するさまざまな仕様と工夫

京セラの太陽光発電は様々な仕様と工夫を行っております。

複合寄棟など、複雑な屋根形状にも調和するよう、台形モジュールは上下逆向きにも設置可能。また、コーナーカバーにより、屋根の稜線にもすっきりと調和し、美しさを損ないません。

デザイン性と設置スペースを重視した太陽電池 サムライ

長さの異なる3種類の太陽電池を組み合わせるので、屋根のスペースを有効に活用した、美しいレイアウトができます。屋根に無駄なく一体感があるデザインを求められる方におすすめです。

京セラの太陽光発電「太陽電池サムライ」は様々なタイプの屋根でも美しいレイアウトで設置可能です京セラの太陽光発電「太陽電池サムライ」はどのようなタイプの屋根でも無駄なく設置可能です。京セラの太陽光発電「太陽電池サムライ」は様々なタイプの屋根でも一体感のある美しいレイアウトで設置可能です
京セラ独自の太陽光発電の太陽電池「Step Style」(ステップスタイル)は屋根と一体感が出るデザイン

屋根と一体感が出る京セラ独自の「Step Style」技術

京セラ独自の「Step Style」(ステップスタイル)を採用。太陽電池を短いタイプと長いタイプの太陽電池のバリエーションを作り、屋根の大きさ、設置容量に合わせて使い分けます。

京セラの太陽光発電は屋根の稜線を美しく演出する「三角コーナーカバー」がオプションで付けることができます

屋根の稜線を美しく演出する「三角コーナーカバー」(オプション)

寄棟屋根の稜線(りょうせん)に合わせて専用の「三角コーナーカバー」(オプション)を追加することで、屋根の外観を損なうことなく、美しい仕上がりになります。

マルチレイアウトで太陽電池の搭載容量が大幅アップ

京セラの太陽光発電はマルチレイアウトで太陽電池の搭載容量が大幅アップ

反射によるロスを抑えて高出力を実現させた京セラの太陽電池「d.Blue」

京セラの太陽光発電は発電効率を上げるd.Blue(ディーブルー)の太陽電池セル搭載

d.Blue(ディーブルー)

太陽電池「d.Blue」は、表面にプラズマと反応性ガスによってミクロン単位の微細な凹凸をつくり、太陽光の反射を少なくし、より多くの太陽光を吸収することで発電効率を高めています。

また、太陽電池モジュールそのものの落ち着いた色調も住宅の屋根に美しく調和します。

この太陽電池モジュールに採用されている太陽電池素子(セル)の製造技術の一部は、経済産業省の新発電技術実用化開発費補助金および、NEDO技術開発機構(独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)の太陽光発電システム実用化技術開発の成果によるものです。

メーカーサイトはこちら