パナソニック太陽光発電システム 製品説明

パナソニック太陽光発電特長

パナソニック太陽光発電

小さな屋根でもたっぷり発電

HITは、面積(㎡あたり)でもシステム容量(kWあたり)でも発電量トップクラス。※1
従来より少ない太陽電池モジュール枚数でたっぷり発電できるため、小さな屋根でも十分な電気を創れます。
小さな屋根でもたっぷり発電

太陽電池モジュール枚数を減らせて家への負担を軽減。

同じ発電量ならHITは太陽電池モジュール枚数を減らせるため、屋根にかかる重量負担を軽減。 例えば一般的な約3.7kWのシステムなら、154シリーズより約130kgも軽くできます。 屋根が軽くなる分、減震効果も向上します。太陽電池モジュール枚数を減らせて家への負担を軽減。

汚れが溜まりにくいウォータードレインコーナー。

太陽電池モジュールは、もともと汚れが付きにくい構造。 モジュールのコーナーに汚れが溜まりにくい「ウォータードレインコーナーフレーム」採用で、 防汚機能がさらにアップしました。汚れが溜まりにくいウォータードレインコーナー。

暑い日でもしっかり発電。

意外にも太陽光発電は通常、太陽電池モジュールの表面温度が高くなりすぎると発電効率が落ちます。 でもHITは優れた温度特性で、幅広い温度範囲で発電量をキープ。高温でもしっかり発電します。
暑い日でもしっかり発電。

ハイブリッド構造や精密な光学処理で、優れた発電性能を実現

独自のハイブリッド構造で発電ロスを大幅低減。

太陽光発電は、太陽光が太陽電池内の電子を動かして電流を生み出すしくみ。
HITは、単結晶シリコンに当社独自の「アモルファスシリコン」を採用した「ハイブリッド構造」にすることで、電子のスムーズな動きと発電ロス低減を一挙に実現。発電量トップクラス※1 を達成しました。

優れた発電性能を実現

表面のピラミッド構造と低反射ガラスで光をしっかり吸収。

表面をピラミッド構造にして太陽光の乱反射を低減し、さらに低反射ガラスの採用で光の反射を抑えることで、
より多くの太陽光を太陽電池に取り込み、出力をアップしました。

光をしっかり吸収。

メーカーサイトはこちら