太陽光発電システムをメンテナンスフリーと考えていませんか?

太陽光発電システムは
メンテナンスフリーではないことをご存じですか?

メンテナンスフリーではありません

 

○ キュービクルは点検してもらってるけど、太陽光はメンテナンスフリーでは?
○ 遠隔監視装置を付けているので、エラー通知が来てからの対応で大丈夫?
○ 不具合があれば毎月電力会社からの明細で確認?
太陽光パネルは20年以上大丈夫?

障害発生の売電ロスで損をしています!

日本全国の太陽光メンテナンス

リソースを活かした「監視」+「駆けつけ対応」により、
不具合箇所特定までの業務をサポートします!

 

充実したメンテナンスメニュー

(※各メニューは⼀例であり、点検・駆付け等の回数は、ご予算に応じご提案いたします)

区分点検項目点検実施内容
モジュール・架台目視モジュール表面の汚れ・破損ガラス割れ、ゴミ付着の確認
モジュールフレームの破損・変形モジュールフレームの破損・変形の確認
モジュールケーブルの損傷・断線と固定ケーブルの傷・亀裂の確認
モジュール・架台の固定ボルトの緩み・サビ緩み・サビの確認
架台の腐食・サビ腐食・サビの確認
架台の変形変形とレベルの確認
コネクタ損傷・緩みコネクタの損傷・緩みの確認
交流集電箱目視外箱の外観サビ・破損・変形の確認
外箱の固定固定ボルトの緩み確認
内部の状態内部のサビ・結露・漏水の確認および清掃
防水処理コーキング、パテ処理の確認
端子台のネジ緩みトルク管理にて端子台ネジの緩みの確認、増し締め
絶縁抵抗測定集電箱~PCS間のケーブルの絶縁抵抗測定
ケーブル目視ケーブルの損傷・断線(モジュール~接続箱間)ケーブルの傷・亀裂の確認
ケーブルの損傷・断線(PCS~集電箱間)ケーブルの傷・亀裂の確認
ケーブル保護の確認PFD、VE管、金属管、ラック等の固定と劣化確認
PCS目視外箱の外観サビ・破損・変形の確認
内部の状態内部のサビ・結露・漏水の確認および清掃
防水処理コーキング、パテ処理の確認
端子台のネジ・ボルト・ナットの緩みトルク管理にて端子台ネジ・ボルト・ナットの緩みの確認、増し締め
状態履歴・抑制履歴の確認表示装置で履歴の確認(事前に機種情報必要)
発電量確認発電電力・積算発電量の確認
給排気口の清掃・点検給排気部分を目視、触診で異常ないか確認及び清掃
運転時の異音・異臭・振動の確認運転時に異音・異臭・異常振動がないか確認
測定出力電圧測定出力電圧の測定
開放電圧測定開放電圧の測定
絶縁抵抗測定PCS~モジュール間のケーブル絶縁抵抗測定

※色が付いている部分は発電を停止してからの作業となります。
※上記の内容は点検作業のみで、補修、修理、起因調査等は含まれておりません。

オプション

 

目的・効果

備考

1.太陽電池アレイ・架台点検

通常のモジュール割れ等の確認に加え、アレイ・架台の据付状態の確認を行うことで、自然災害による被害の未然防止

3~5年周期での提案も検討

2.ホットスポット測定

目視では確認できない不具合太陽電池の有無確認

太陽電池セルのマイクロクラック等に対して早期対応(取替等)にすることにより出力低下の早期解消します。

 

3.開放電圧測定

開放電圧を測定し同一接続箱内で相互比較することにより、ケーブル断線、コネクタ外れによる出力低下、クラスタ断線を発見します。

 

4.ストリング電流確認(断線確認)

PCS運転状態のままストリング電流の有無を確認することで、ケーブル断線、コネクタ外れによる出力低下を発見します。

 

5.IV特性測定

IV特性を測定し同一接続箱内で相互比較することにより、開放電圧測定での確認項目に加え、ホットスポット等による出力低下度合いの把握します。

 

トルク管理による増し締め

ビスが緩んでいると、接触面が均等でなくなる事により、加熱や発火の原因になる事があります。また、ビスを締め付ける強さを管理して増し締めを行うため、機器やビスへの負担を軽減します。

絶縁抵抗測定

絶縁抵抗の測定によって、電流の漏れを確認して機器が安全で正常に動作しているかを点検します。

開放電圧測定

パワーコンディショナが動作をしていない状態で、太陽光モジュールからどの位の電圧が出ているかを確認します。

トルク管理による増し締め

ビスが緩んでいると、接触面が均等でなくなる事により、加熱や発火の原因になる事があります。
また、ビスを締め付ける強さを管理して増し締めを行うため、機器やビスへの負担を軽減します。

絶縁抵抗測定

絶縁抵抗の測定によって、電流の漏れを確認して
機器が安全で正常に動作しているかを点検します。

 開放電圧測定

パワーコンディショナが動作をしていない状態で、
太陽光モジュールからどの位の電圧が出ているかを確認します。

赤外線カメラによる定期点検

「遠隔監視やPCS診断では正常、外観チェックで異常なし」ですが、
クラスタ故障に気付かず年間約20万円を捨てていませんか?

【事例】モジュール1枚が1年間クラスタ故障。詳細調査により他のパネルでも同一事象を発見。

 

  ※0.1kW×24h×365日×14.5%×40円/kWh=0.6万円

  ※0.6万円×20直列/ストリング×15%(ストリングへの影響率)=1.8万円

  ※1.8万円×10か所(同一ロットの経年不良)=18万円

□発見経緯 : 赤外線カメラ撮影

□事象   : 一部太陽電池モジュールの1/3の温度が上昇

□対応   : I-V測定を実施し容量低下を確認⇒交換対応

O&M

 

PCS発電診断サービス・設備遠隔監視サービス

PCSが正常に発電しているだけで安心して、

設備の変化に気づかず、1ヶ月約35万円を無駄にしていませんか?

【事例】落雷により接続箱のブレーカがトリップし、1か月間停止に気が付かず定期点検で発見。

 

  ※0.3kW×280枚×24h×30日×14.5%×40円/kWh=35万円

□発見経緯 : PCS発電診断

□事象   : 落雷による接続箱内ブレーカーのトリップ(発電量低下)

□対応   : 設備の正常性を確認し、再投入を行い対応

O&M

O&M

PCS発電診断サービス・MARY監視

日々の発電量管理を実施することにより、売電ロスのリスクを格段に防ぐことができます。1日発電所が停止すると一日あたり、28万円の損失となります。

【事例】2MWサイトにて接続箱から直流集電盤間のケーブル切断。1ヶ月後に巡視点検で発見。

 

※2000kW×24h×14.5%×40円/kWh=28万円/日
※28万円/日×30日=840万円/月

・盗難によるケーブル断線事故
・草刈によるケーブル損傷事故

 

モジュール・架台取付状態確認

太陽電池の据付状態等、問題ありませんか?モジュール破損が
PCS停止となる恐れがあり、1日7万円の損失となります。

【事例】直流地絡によりPCS停止

 

※500kW×24h×14.5%×40円/kWh=7万円/日

□発見経緯 : 警報(直流地絡)発見
□事象   : 台風によりモジュール破損、直流地絡によるPCS停止
□対応   : 破損箇所のモジュール交換、絶縁不良個所のチェック

日本全国対応

アフターメンテナンスのお問い合わせ

料金や設置・地域に関するご質問はお気軽にお問合せください

*は必須項目です。
項目 低圧・低圧分譲向けサービス 高圧向けサービス その他
企業・団体名
個人の方は個人とお書きください
ご担当者名*
お電話番号*
※お電話番号にお間違いがないか再度ご確認ください。
メールアドレス*
※メールアドレスにお間違いがないか再度ご確認ください。
ご希望の連絡方法
ご住所

質問内容


Please leave this field empty.

※その他の設置容量の場合、高圧等も含めて詳しくはお問合せください。
※他社で取り付けた太陽光発電システムでもメンテナンス可能です。