【蓄電池】太陽光発電システムを設置しているお客様へ

chikudenchi_midashi

太陽光発電システムをお持ちの方で蓄電池を考えている方

余剰電力固定買取制度10年目を迎えるにあたって、卒FITということで蓄電池を検討しているという方。

何を基準に選べばいいのか分からないと迷われているのではないでしょうか。
「電気代削減」や「もしもの時の備え」など、用途によってご提案内容も変わってきます。

導入費を安くしたいのか、今後のコストを安くしたいのか削減したいコストから考えてみてもいいかもしれません。
まずは、一般的にどのくらいの金額がかかるのかコスト面から見てみましょう。

storagebattery_1

蓄電池設置など導入にどれくらい金額がかかるのか 

 

導入コスト年間削減コスト工事期間
100~250万円程度
(蓄電池の本体価格+
設置工事費+電気工事費)
約24,000円 1日~2日程度
導入コスト
100~250万円程度
(蓄電池の本体価格+設置工事費+電気工事費)
年間削減コスト
約24,000円 
工事期間
1日~2日程度

 

導入費用でかかるのは蓄電池と工事費だけ?

いいえ。蓄電池用のパワーコンデショナー(パワコン)が必要になります。

太陽光発電用パワコンで変換した電力を、再び蓄電池用に電力変換をする必要があります。
そこで必要なのが蓄電池用のパワコン。
なので、太陽光発電用パワコンとは別にもう一つ蓄電池用のパワコンが必要になります。

パワコンの購入パターンには2つあります。

①蓄電池と一緒に蓄電池用パワコンも購入する

太陽光発電システム

太陽光発電用パワコン

+

蓄電池

蓄電池用パワコン

太陽光発電システム

太陽光発電用パワコン

+

蓄電池

蓄電池用パワコン

シンプルに蓄電池と蓄電池用パワコンを購入し、設置するパターン。

メリットメーカーにこだわらず蓄電池用パワコンが選べる。
デメリット電力変換を2回行うので変換ロスが生じる。
メリット
メーカーにこだわらず蓄電池用パワコンが選べる。
デメリット
電力変換を2回行うので変換ロスが生じる。

 

②太陽光発電用パワコンを買い替え、太陽光発電用と蓄電池用一体型のパワコンを購入する

太陽光発電システム

太陽光発電用パワコン

+

蓄電池

ハイブリットパワコン

太陽光発電システム

太陽光発電用パワコン

+

蓄電池

ハイブリットパワコン

最近は太陽光発電用と蓄電池用一体型のハイブリッドパワーコンディショナーがあります。
パワコンの耐用年数は10年~15年と言われています。買い替え時の場合はハイブリッドパワコンをおすすめします。

メリットパワコンが1台で済むのでスペースを取らない上に、変換ロスも少ない。
デメリット現在付けている太陽光パネルやシステムと合うか確認する必要がある。
メリット
パワコンが1台で済むのでスペースを取らない上に、変換ロスも少ない。
デメリット
現在付けている太陽光パネルやシステムと合うか確認する必要がある。

 

蓄電池でお得に電気を使う方法とは

太陽光発電と蓄電池で電気代削減

昼間…太陽光発電システムで発電した電気を使用
夜間…昼間に蓄電池に貯めた電気を使用。足りない分だけ電力会社の電気を買う。

今までの電気代を節約できます!

蓄電池導入もお得に

蓄電池導入が対象の補助金があります。
条件に合った補助金を使ってお得に蓄電池導入!

補助金の新着ページはこちら

 

もし夏に停電が起きた際、太陽光と蓄電池で3日間持つのか

真夏の停電時に冷蔵庫、照明など同時に使えて、3日間ほど持てる蓄電池をお探しの方。

Panasonicの『リチウムイオン電池+パワーステーションS』なら冷蔵庫+照明器具+電気ケトルor炊飯器の同時使用ができる出力数。

停電時でも赤ちゃんの温かいミルクが作れたり、温かいご飯が食べられます。

また、太陽光発電システムで発電をしながら使用ができるので、3日間は持つことが可能です。

 

Pana_tikudenti

 

その他、お客様のご要望に合ったメーカーや蓄電池をご提案させていただきます。お気軽にご相談ください。

お問合せはこちら