再生可能エネルギーの固定価格買取制度において、運用変更がありました。

500kW以上の太陽光発電設備の設備認定申請時の運用変更がありました。