建築基準法上、高さ制限は数種類ありますが、その中で北側斜線制限が配置を決定するに当たり、重要になってきます。

北側斜線制限とは、建築基準法で定められた建築物の高さを制限する法規、いわゆる斜線制限の1つで、北側隣地の日照の悪化を防ぐことを目的とした法規です。 北側斜線制限は、北側隣地境界線を起点として「高さ」と「斜線の勾配(角度)」によって規制されます。

制限の及ぶ範囲

第一種低層住居専用・第二種低層住居専用の各地域内の建築物の各部分の高さは、その部分から前面道路の反対側境界線、または隣地境界線までの真北方向の水平距離の1.25倍に5M(第一種中高層住居専用地域・第二種中高層住居専用地域内では10M)を加えたもの以下に制限されます。

・第1種低層住居専用地域、第2種低層住居専用地域の場合

→真北方向の水平距離×1.25+5M

・第1種中高層住居専用地域、第2種中高層住居専用地域の場合
→真北方向の水平距離×1.25+10M

北側斜線制限

例えば、第一種住居専用地域の場合、北側隣地(道路)境界線から垂直に5Mの高さをとり、その地点から1/1.25勾配の中に建物を収めて計画しなければなりません。

なお、第一種中高層住居専用地域、第二種中高層住居専用地域で日影による中高層の建築物の高さの制限がある場合には、北側斜線制限の適用はありません。

また、行政によってはより厳しい規定を設けているところもあります。例えば札幌市の場合は、北側斜線制限エリアにはほとんど北側斜線高度地区が設定されています。 一般的な北側斜線制限の角度は1/1.25ですが、北側斜線高度地区は1/1となっており、より厳しい方を採用します。 つまり

北側斜線制限

出典:まるわかり注文住宅

北側斜線制限で心配なことがあればお気軽にご相談ください。
的確なアドバイスを行います。