補助金情報

2021年度 再エネ省エネ機器導入補助金制度

公募期間 

第1回 2021年5月12日(水)~7月14日(水)
第2回 2021年9月1日(水)~11月4日(木)

対象設備

太陽光発電・定置用蓄電池

※蓄電設備(定置用蓄電池、EV<電気自動車>)と接続することが条件となり、
 蓄電設備と接続しない太陽光発電は補助対象外。
 既に太陽光発電を設置済みでの住宅に定置用蓄電池を設置する場合は、申込み可能。

※蓄電設備(定置用蓄電池、EV<電気自動車>)と接続することが条件となり、蓄電設備と接続しない太陽光発電は補助対象外。
既に太陽光発電を設置済みでの住宅に定置用蓄電池を設置する場合は、申込み可能。

対象者

自宅に対象機器を購入・設置される札幌市民

補助金額

太陽光発電

…1kWあたり30,000円(上限:209,000円)

定置用蓄電池

…1kWあたり25,000円(上限:100,000円)

 

公募日程

募集期間抽選予定日対象機器等取得日
第1回目

2021年5月12日(水)~7月14日(水)

7月21日(水)2021年4月1日(木)以降
第2回目

2021年9月1日(水)~11月4日(木)

11月17日(水)

1
募集期間2021/5/12(水)~7/14(水)
抽せん
予定日
7/21(水)
対象機器
等取得日
2021/4/1(木)以降

2
募集期間2021/9/1(水)~11/4(木)
抽せん
予定日
11/17(水)
対象機器
等取得日
2021/4/1(木)以降

第2回目の募集終了後については、募集終了時において予算に余剰がある場合のみ、補助金の予算額に十分な余剰が発生した場合に実施します。

蓄電池について何から選べばいいのか分からないというお客様、
複数メーカーを取り扱っている弊社エミヤホールディングスへお気軽にご連絡ください。

第2回目の募集終了後については、募集終了時において予算に余剰がある場合のみ、補助金の予算額に十分な余剰が発生した場合に実施します。

蓄電池について何から選べばいいのか分からないというお客様、複数メーカーを取り扱っている弊社エミヤホールディングスへお気軽にご連絡ください。

  

 V2Hも一緒に導入『次世代自動車購入等補助金制度』

V2H充電設備で太陽光発電と電気自動車(EV)を活用したライフスタイル

太陽光発電と電気自動車を活用して、住宅で電気を「創って、無駄なく使う」ことで、防災対策と光熱費の削減が出来ます。

公募期間 

2021年2月20日(土)~2022年2月18日(金)

補助対象設備・補助率

 機種名形式等補助額(千円)
V2HニチコンZHTP1580R193,000円
ESS-V1250,000円

※補助額は本体購入価格(値引き後の税抜き額)の3分の1(上限 25万円)

対象者 

札幌市税を滞納していない方。車両または設備を自ら使用する方。

 

 

この補助金の適用につきましては、株式会社エミヤホールディングスまでお問い合わせください。

お問い合わせ